eagle Pendant



銀工房アラマルーツはお客様の宝物を制作・修理・リメイクする京都の小さな工房です。
消費税増税に伴い、2014年4月1日よりすべての商品価格が変わります。現在の価格は3/31 23:59のご注文までとなります。


HOME > N-pendant > 金春の鷲

kp_banner.jpg

turquoise(ターコイズ)

現在、国内で入手することができるターコイズ(トルコ石)のほとんどは、染色されたものやターコイズの粉を樹脂で再生したものです。希に中国産のターコイズでナチュラルなものはありますが、アメリカ産のナチュラルターコイズはこれまでほとんど見たことがありませんでした。
それは、ターコイズの性質が傷付きやすく割れやすいために樹脂で強度を上げるひとつの製法だからです。しかし、たとえ強度が弱いとしてもそれはその石の特徴であり個性であると考えていました。
そんなある日、価値観を同じとする業者さんと出会いました。
社長自ら単身、アメリカアリゾナ州まで買い付けに行き採掘から研磨までできるフェザー&ターコイズカンパニーさんです。

ターコイズが鉱山によって200種類ほどの銘柄があることはあまり知られていないと思います。日本ではほとんど知られていない銘柄の貴重なターコイズを樹脂加工しないナチュラルな状態で使用できる権利を得てこちらの作品は完成されました

20121120_142049.jpg
kenma.jpg

ap41_1.jpgap41_1.jpg
ap41_5.jpgap41_5.jpg

ap41_2.jpgap41_2.jpg
ap41_4.jpgap41_4.jpg

ap41_6.jpgap41_6.jpg
ap41_8.jpgap41_8.jpg

ap41_9.jpg

ターコイズの説明

ブルームーンターコイズ

bluem.jpgまるで水面にゆらぐ青い月のような色
トノパ近郊(ネバダ州)のブルームーンターコイズ鉱山より採掘され、その石は、中心部がブルーで外側が淡い青色をしており、まるで水面にゆらぐ青い月のような優しい青のグラディエーションが非常に美しいブルーカラーのターコイズです。


ウィンターグリーンターコイズ

winter.jpgティファニーが所有していた鉱山の石
ネバダ州にある失われた鉱山(ロストマイン)と言われたウィンターグリーン鉱山のターコイズです。1900年代前半までティファニーが所有したターコイズ鉱山の一つでした。その後の所有者が亡くなった後は、鉱脈が不明のまま数十年失われた鉱山として月日が流れました。近年再発見され、現在の所有者に渡りました。ティファニーグリーンの元といわれる淡いグリーンカラーのターコイズで、歴史と物語のある非常に貴重なターコイズです。


カンデラリアターコイズ

kanda.jpg非常にまれで貴重なターコイズ
カンデラリア鉱山は、ミナ・ネバダ近郊で最も素晴らしいターコイズのうちのいくつかを生産しました。Northern Belle silver鉱山から採掘されて、明るいブルーのターコイズを生産しました。今日、カンデラリア・ターコイズは非常にまれで、めったに見られずとても貴重なターコイズです。



ap41_5.jpgウィンターグリーン
ap41_2.jpgブルームーン
ap41_8.jpgカンデラリア


こちらの3種類の石は一例です。ナチュラルターコイズのため、全ての石が一点一点異なった模様です。お送りする前に画像をご希望の際はお問い合わせください。

金春の鷲(こんぱるのわし)

商品番号 AP41
素材 SILVER925・石 ナチュラルターコイズ
サイズ 縦48mm、横21mm、厚み7mm、重さ15g
チェーンの長さ 45-50cmアジャスターで調整可能

税込価格 37,800円



ターコイズ種類

購入数量




AramaRootsの作家「心姿」が地球上の生物で
もっともかっこいいと絶賛する鷲や鷹などの猛禽類、
睨み付けるような眼光と鋭い爪と嘴、長く伸びた翼・・・

生半可な気持ちや未熟な技術では
その勇猛さを表現できないと手を出せなかったモチーフにメスを入れたのは
ある石との出会いがあったからです。

本物のナチュラルターコイズ・・・
現在、国内で入手することができるターコイズ(トルコ石)のほとんどは、
染色されたものやターコイズの粉を樹脂で再生したものです。

希に中国産のターコイズでナチュラルなものはありますが、
アメリカ産のナチュラルターコイズはこれまでほとんど見たことがありませんでした。

それは、ターコイズの性質が傷付きやすく割れやすいために
樹脂で強度を上げるひとつの製法だからです。

しかし、たとえ強度が弱いとしても
それはその石の特徴であり個性であると考えていました。

そんなある日、価値観を同じとする業者さんと出会いました。
社長自ら単身、アメリカアリゾナ州まで買い付けに行き
採掘から研磨までできるフェザー&ターコイズカンパニーさんです。


ターコイズが鉱山によって200種類ほどの銘柄があることは
あまり知られていないと思います。
日本ではほとんど知られていない銘柄の貴重なターコイズを
樹脂加工しないナチュラルな状態で使用できる権利を得て
「金春の鷲」は完成しました!


「金春の鷲」に使用しているターコイズはどれも、
フォアテイルズさんに一つ一つ丁寧に磨いて頂いた
世界に一つだけのナチュラルターコイズです。

たくさんのターコイズから作家が気に入ったターコイズのみを
アクセサリーに合わせて磨き直しています。

元の価格は、1万円近いナチュラルターコイズを
小さく再研磨するのはとても勇気がいりますが、
「金春の鷲」を完璧なカタチで完成させるには
どうしても必要な作業でした。

ナチュラルターコイズは同じものは二つとしてありません。
すべて石の表情でアクセサリーの印象が変わりますので
一点物と言っていいクォリティーです。

名前を英語にするか和名にするか悩みましたが、
羽のデザインを日本刀に重ね合わせて制作しましたので、
なんたらコンドルなんて英語じゃないな…

と「金春の鷲」こんぱるのわし…と名付けました。可愛過ぎますか?

こんぱるとは、ターコイズブルーの和名で
明治中期に新橋の芸者が着ていた着物の色に由来しています。
新橋色とも言いますが、当時、芸者屋が金春新道にあったことからも
金春色とも言われたそうです。

使用するナチュラルターコイズは、主に3種類です。
青色が美しくこの中でも一番高価なブルームーン、
ティファニーグリーンの参考色になったグリーン系のウィンターグリーン、
もっとも古い鉱山の一つカンデラリアです。